トップページ > お知らせ > 長野県が「気候非常事態宣言 -2050年ゼロカーボンへの決意-」を宣言しました

2019.12.06

長野県が「気候非常事態宣言 -2050年ゼロカーボンへの決意-」を宣言しました


令和元年11月県議会定例会における「気候非常事態に関する決議」を受けて、阿部知事が同12月6日に「気候非常事態」を宣言し、この中で「2050年二酸化炭素排出量実質ゼロ」とすることを決意しました。

191206sengen
知事は本宣言の中で、「気候変動対策としての『緩和』と災害に対応する強靭なまちづくりを含む『適応』の二つの側面」で取り組んでいくとしています。

当センターとしても、県内の気候変動適応の取組を促進するため、引き続き取り組んでいきます。

詳細はこちら

お知らせ一覧へ